特殊車両通行許可の申請方法には、オンライン申請と窓口申請があります。


 

【オンライン申請】

通行する経路に国が管理する道路(国道など)や高速道路が含まれる場合などが対象となり、インターネットから申請可能です。

個別審査(申請内容によって道路管理者が精度の高い技術的審査を行うため、回答まで時間がかかります)がある場合は2週間~3か月程度かかることもありますが、最近では審査期間もかなり短縮されました。

 

当事務所では申請先の国道事務所の状況や申請内容によりますが、申請して最短2営業日後に許可がおりたこともあります。

 

【窓口申請】
最近ではオンライン申請が一般的になっていますが、市町村道や都道府県道のみを通行する場合などはオンライン申請ができないので窓口申請となります。

また新規格車(長さ、幅、高さ、最小回転半径は一般的制限値の範囲内で総重量が20tを超えるもの)が市町村道や都道府県道を通行する場合も対象になります。

審査期間も標準処理期間で3週間程度、個別協議があるものはオンライン申請と同様1~3か月程度かかる場合があります。

 

また提出する窓口によって、提出書類の内容が違ったり申請方法が違うので、せっかく窓口まで行ったのに受理されない可能性もあるので、事前の確認が必要です。

 

どちらも業務がお忙しい中、申請書を作成するのは大変なことかと思います。
まずはお気軽に行政書士法人山口事務所にご相談ください。