道路法で定められた道路には、4種類あります。(道路法第3条)

①高速自動車国道

②一般国道(直轄国道/補助国道)

③都道府県道

④市町村道

それぞれの道路管理者は、

①国土交通大臣

②国土交通大臣/都府県(政令市)

③都府県(政令市)

④市町村

となります。

②の一般国道は、直轄国道と補助国道に分かれています。直轄国道は国土交通大臣が、補助国道は都府県(政令市)が管理者となっています。

特殊車両通行許可の申請先は道路管理者となりますので、経路を作成する時、一括申請をするときに道路管理者がどこになるのかは、大事な情報です。