【特車ニュース】取り締まりにおける軸重違反の「ばらつき」が統一されました!

こんにちは。東京都立川市にあります全国特車ネット東京です。

令和2年12月1日より、

NEXCO(東日本、中日本、西日本の高速道路会社)、首都高速道路、阪神高速道路、本州四国連絡高速道路の6社各高速道路会社において、取り締まりの違反対象となる軸重の誤差の範囲について統一基準が設けられました。

計測値として、静止状態で最大1トン、走行時で最大3トンを「ばらつき(誤差の範囲)」とした上で取締りを行うこととなるようです。

あくまで計測値のばらつきを考慮するもので軸重の限度値が緩和されたわけではないですが、これまで腑に落ちなかった取り締まりも運送業の皆さまが少し納得できる形に近づいたのではないでしょうか。