こんにちは。東京都立川市にあります全国特車ネット東京です。

特殊車両通行許可の申請書を作成するために、交差点番号を入力したり、地図上で交差点を選択するとその場所の交差点番号が表示されたりします。

交差点名称はすべての交差点にあるわけではないため、交差点番号が非常に重要になります。

令和3年4月現在、交差点番号は10桁の数字で成り立っています。

前半6桁がエリアを示し、後半4桁は交差点を示しています。

申請書作成システムに次のような文章があります。

1.未収録経路は「999999」もしくは「9」を入力してください。

2.10桁の入力から続ける場合、先頭の6桁は省略可能です。

1.について、申請書作成システム上で表示されず、道路情報便覧に路線名称が整備されていない区間の場合は、「999999」もしくは「9」を入力します。

2.について、先頭の6桁はメッシュ番号と呼ばれるものです。この番号はエリアごとに付けられた番号です。そのため、残り4桁が示す同じエリア内の交差点番号があれば、交差点を特定することが可能です。

メッシュ番号が同じであるかぎりは、残り4桁を入力すれば経路表は完成します。

交差点番号がどのように付けられているか、基本的な説明をさせていただきました。

エリア内で新しく交差点ができたり、交差点が廃止されたりすると10桁のうちの後半4桁に新しい番号や欠番が生まれてくるものと思われます。

4桁番号の規則は、どのようになっているかは残念ながら未だ調査中です。

交差点番号がない場合や未収録経路は、道路法適用外道路である私道や港湾道路などとも関わりがあります。こういった経路が含まれてくると申請の難易度が上がります。管理者や路線名称を調査する必要があるからです。

お困りの際は、ぜひ当所に申請代行をご依頼ください。最短での許可取得をサポートいたします!